個別・映像コース

個別・映像コースは志望校合格に向けて、定期テストでの得点向上と内申点の向上、科目・単元別の弱点克服などを万全にサポートするコースとなっています。また、中高生は個別指導と合わせて映像授業も用意しており、5教科対策による総合的な成績アップをサポートしています。個別指導では1対2の個別指導(講師1人に生徒2人)で実施しており、担任の講師が1人のお子様に解説をしている時に、もう1人のお子様は演習を行います。このインプットとアウトプットを交互に繰り返す学習効率のよいコースです。授業後は今回の進捗、家庭学習をサポートする計画が書かれた授業報告書をお渡ししています。 お子様の個性や、得意分野や克服すべき箇所などを1人ひとりに細かく把握し、きめ細やかな指導を行います。また、部活動や習い事と勉強が両立できるように、お子様のご都合の良い曜日や時間に合わせて時間割を組むことができます。 急な病気や用事などで欠席される場合は、授業を別日に振り替えられる制度もあります。

【勉強が苦手でも個別指導でわかるまで教えます!】

集団授業と違い個別での指導を行うため、わからないまま授業がすすむことはありません。先生が横に座って教えてくれるため質問しやすく、周りの生徒を気にせず勉強に集中できます。一人ひとりの学力に合わせた「完全オリジナル個別授業」を行います。

【個別・映像併用コースで成績アップ!】

 個別指導塾は通常、数学・英語の週2回の通塾が基本です。それ以外の教科を勉強したい場合は、追加費用がかかっていきます。 そのため5教科全ての教科を受講するとなると、高額の授業料がかかってきます。以前から「5教科を勉強したい!」という要望がたくさんありました。 そんな要望に応えるために今回、5教科を安価な金額で受講できるコースをつくりました。理科と社会は映像授業を行うことで、費用を抑えることができ、さらに質問ができる先生も付きますので、わからないまま映像を見るだけでなく、しっかりとサポートしていきます。学校の内申点対策にオススメのコースです。

【いつでも無料で利用できる自習席を完備!

「一人ではスマホを触ってしまい勉強に集中できない」「家では兄弟がうるさくて勉強する場所がない」「家では勉強したくない」そんな人はぜひ自習席をご利用下さい。いつでも無料で使用できます。また、勉強のやり方からテスト勉強の計画まで、先生が丁寧に教えてくれます。

プログラミングコース

プログラミングコースは新大学入試を見据えた小学生向けプログラミング学習のコースです!

【なぜ、今プログラミング教育が必要なのか】

~テクノロジーの理解、活用が必須になる時代に~

インターネットやコンピューターに関する技術進歩が急速に進み、これからの時代に必須の力として、幼少期からプログラミング教育を行う動きが世界中で広がっています。お子様が社会に出るときに、ITの重要性がさらに高まっていることは疑う余地がなく、テクノロジーを理解、活用するスキルは今後ますます求められるでしょう。

~プログラミング教育の必修化、受験科目化~

「子どもたちが将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力」であるとして、2020年から全ての小学校でプログラミング教育を必修化とする方針が、日本でも決定されました。2024年には大学入学共通テストへの導入を前提にした学習指導要領の変更が行われ、プログラミング学習の必要性は増しています。

【プログラミング教室が選ばれる理由】

理由1
大学入試を見据えた本格的な

カリキュラムで実力が身につく

2024年度よりスタートする大学入学共通テスト「情報」にてプログラミングが出題されます。新大学入試を見据えてプログラミングの基礎30概念を学びます。個人差はありますが、平均して約2~3年ほどで高校卒業程度の基礎知識が身につきます。

理由2
本物のゲームさながらの教材で

小学生でも楽しく学べる

お子様が楽しく継続して学べるように、1回の授業で平均して3~4つのゲームを作りながらプログラミングの基礎を学びます。魅力的なキャラクターや本格的なストーリー設定で、お子様が夢中になって楽しく学習を進めることができます

理由3
一人ひとりに合わせた個別指導で

子供でも安心

お子様が苦手なポイントやつまずいたポイントをリアルタイムに取得できる最新の成績判定システムを使い、先生がお子様の弱点を一人ひとりに合わせて個別に指導します。一人ひとりに合わせた指導で「わからない」をそのままにしません。

理由4
「プログラミング能力検定」合格で自信がつく

当教室のカリキュラムは「プログラミング能力検定」のレベル1~4に準拠しており、日々の授業が検定対策になります。検定に合格すると合格証明書を貰うことができ、達成感を味わいながら自信をつけることができます

理由5
タイピングのスキルが正しく身につく

プログラミング学習に必要なタイピングも、アルファベットからローマ字入力まで独自のタイピング練習コース(2021年春リリース予定)で学びます。正しいポジションで単語や文を「早く」「正確に」入力するスキルを身につけます。

2024年度よりスタートする大学入学共通テスト「情報」にてプログラミングが出題されます。小学生の今から本格的なプログラミングを一緒に学びませんか?

キッズくらぶコース

キッズくらぶコースは、基礎学力向上を目的とした学習コースです!

中学生になって途端に成績が下がったというお話をよく聞きます。「中1ギャップ」という言葉もあるほどですが、中学生になったから成績が下がるわけではありません。小学校の内容がしっかり身についていないから成績が下がるのです。中学校の学習内容は、小学校で習う内容からつながっています。つまり、小学校のうちから基礎を固め、学習習慣をつけておくことが大切なのです。キッズくらぶコースでは塾での指導だけでなく、塾での学習を定着させるための授業に基づいた宿題を出すことで、家庭学習の習慣づけを行っています。お子様の予定に合わせ、好きな時間・好きな曜日に通っていただけるよう、フレキシブルな時間割を可能にします。入会時に現在学力をチェックするテストを行い、そのレベルに合わせてスタートする教材を決めていきます。導入部分を参考に問題を解いていきます。解き終わったら先生に持っていき答え合わせをしてもらいます。正答率に応じて次の単元に進んでいきます。

【キッズくらぶ4つの特徴

特徴1
一人ひとりにあわせて

現在の年齢や学年に関係なく、一人ひとりの能力に応じた、確実にできるところから学習を始めます。現状の学力・理解力を計るスタートラインチェックテストを入会後行い、確実にできる内容の選定を行います。できるところから始め、子ども達に、「できた!」という喜びを通して学ぶ楽しさを育み、自分の力で教材の問題を解く学習法で学力を高めていく基礎を作ります。

特徴2
自学自習を基本とした学習

教材を自分で読み、考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。解き方や答えを「常に教えてもらう」という受け身の姿勢ではなく、自分の力で課題に取り組もうとする姿勢があってこそ学習意欲が芽生え、さらに先に進もうとする向上心が生まれます。子ども自身が自ら学習課題に「気づく」ことができるようになることを大切にしています。自ら積極的に学んでいく力は、やがて自分の夢や目標にチャレンジする力になっていきます。

特徴3
学年を越えて進むことができる

自分で学ぶ学習で学年を越えて進み、できるだけ早い時期に中学教材を学習することが目標です。自分の頭で考えて問題を解き、つまずいたところは講師と確認をしながら答えを導き出し、「自分で学ぶ力」を養っていきます。そして、この力によって子ども達は、学年を越えてどんどん高い段階・課題に自力で進んでいくようになります。また同形態の学習塾とはことなり、算数では計算だけでなく教科書の学習内容の全てを取り扱っています。

特徴4
個人別、学力別学習

一斉授業とは違う、一人ひとりの「学力に応じた学習」で、学年を越えて進んでいきます。年齢が同じというだけで学習内容を統一すれば、ある子は難しすぎて、他の子は簡単すぎて退屈だというようなことがも起こってきます。学習を始める時点での学力はもちろん、学習開始後の習熟度に応じて学習を進めます。確実に点を取れる段階の教材から出発し、自分の力にあった教材を自分のペースで解き進めることで、できる喜びを育みながら学力を高めます。

教科書のボリュームも増え、学習内容も難化してきています。基礎学力を小学校の間にしっかり身につけるための勉強を一緒に学びませんか?

ECCコース

ECCコースは現代の社会で必要不可欠な英語力を養うためのコースとなっています。グローバル社会を生きる子どもたちにとって、英語は「話せたら役に立つ」から「話せて当たり前」という存在になろうとしています。子どもたちに必要なのは、目先の成績や試験のためだけの英語力ではありません。コミュニケーションを図る力である『生きた英語』が求められています。 40年以上に渡り、日本の子どもたちに最適な英語教育を研究してきたECCジュニア。その教育の特長をご紹介いたします。

【長期一貫学習で目指すのは、『世界標準の英語力』】

ECCジュニアでは、『世界標準の英語力』の習得を目標としています。それを可能にしているのが長期一貫学習プログラムです。ECCジュニアで学ぶ子どもたちは、幼児・小学生で英語学習を始めると、どんどん力を伸ばして学習を続け、中学生の段階で英語力の基礎を完成させます。英語力は早い時期から正しい学習法で続ければどんどん伸びますが、一度中断するとあっという間に衰えてしまいます。『世界標準の英語力』が習得できるその秘訣は、このような長期一貫した学習を続けられることにあります。

【ECCジュニアメソッド】

メソッド1
熱意あふれる

バイリンガル先生

ECCジュニアの先生は、英語力はもちろん愛情を持って指導できる人物かどうかも重視して選ばれています。英語はコミュニケーションの道具。face-to-faceで心をこめて子どもたちに語りかけ、気持ちを理解してくれる先生の存在が、「話したい!」「伝えたい!」という意欲を育みます。

メソッド2
科学的に洗練された

オリジナル教材

ECCジュニアの教材は、長年の教育実績から編み出した、最も学習効果の上がる指導法を基に開発されています。日本の子どもたちが学びやすいように考えつくされた自信作ばかりです。心が豊かになる教材、身につけたことが「生きる力」となる教材を目指して、常に改良を重ねています。

メソッド3
「聞く・話す・読む・書く」

バランスよく身につく教え方

聞いたり、話したり、音声としての英語に慣れ親しむと同時に、読んだり、書いたり、文字としての英語も順序立ててしっかり身につける必要があります。幼児の段階から文字に親しむことを大切にし、小学生で単語や文を読む力をしっかり身につけ、中学生で英語力の基礎を完成させます。

学校教育での英語の重要性・難易度が上がってきています。国際社会で活躍するための英語力を、一緒に身につけてみませんか?

お気軽にお問い合わせください047-478-2741受付時間 14:00-22:00 [ 日・月除く ]

お問い合わせ